ミニ切開法とは

ミニ切開法とは

。瞼の脂肪が薄目の方はミニ切開でも十分に二重になれますね、ミニ切開だと切開箇所が繊微のでダウンタイムも短く済みます。大阪でもこの判断はドクターが行いるので、カウンセリングでがっしりと診てもらいましょう。ミニ切開法とは、瞼を1〜2p切開して脂肪を除去して整えた上に二重ラインを縫い付ける事で二重ラインを制作します。前切開も瞼を切開した箇所から脂肪を取り除いて内部処理をして整え、二重ラインを縫い付けるのです。ぼくの瞼の状態に適した方法でないと早々に一重瞼に戻ってしまいましたとしてましていますよ。それに比べて全切開とは瞼3〜4pを切開するやり方の事を言います。ですが瞼の脂肪が分厚かったり、腫れぼったい印象の方は全切開でないと理想の二重にはなれなかもしれません。

page top